福祉委員会と古切手

福祉委員会と古切手

今はもう退職してしまいましたが、かつて私は小学校絵の教師をしていました。その頃の話です。ある学校で、高学年の委員会活動の中で「福祉委員会」という委員会の担当となったことがあります。「福祉委員会」というものがどういうものかわからずねただ、前がらずっと担当していた先生のやっていたことを見ながらの活動でした。

その中に「古切手の整理」というものがありましたる「福祉委員会」なので本当は学校内の福祉に関して仕事をするのが仕事の中心となりそうなのですが、なかなか小学校の中で「福祉」といっても仕事が見つかりにくかったのです。そこで、外に向かって活動を広げていき、「ペットボトルのふた集めでワクチンを送ろう」というようなことを全校に向けて活動していました。その中の一つに「古い切手を集める」と言う活動がありました。

初めはこの切手がどうなるのかがよく分かりませんでした。しかし今までやっていた先生の話を聞くと「外国の切手取集家で、日本の古切手を集めたパックを作って買ってくれている人がいる。そういうパックを作る団体があり、そこへ送ると外国の収集家に紹介してもらえ、買ってもらったお金は募金として贈られる」という事を始めて知りました。という事で「福祉委員会」では、各家庭から集まった古切手の周りをきれいに切り(あの凸凹をきれいに残し、しかも、貼ってあった紙の幅もそろえて、見た目に美しく見えるようにして)それをあつめて古切手を扱う団体に送っていました。

「人の役に立つ仕事」とは言いながらも、一時間おしゃべりをしながら切手の周りをきれいに切って選り分けていくだけという、なにやらのんびりとした委員会にしばらくいたことを今でも覚えています。しかし、あの切手が、外国の切手取集家の手に渡り、それがお金に変わり、そのお金で誰かの命が少しでも救われていたとしたら、のんびりとした委員会ではありましたが、ちゃんと世の中の役に立てていたという事になり、それなりに有効な時間を使っていたのだなぁと、今になって思っています。

切手を安く買うには金券ショップとオークション

切手を安く買うには金券ショップとオークション

手紙を多く出す機会が多い方などにとっては、切手は少しでも安く買えた方が良いと思います。その為に利用してみたら良いのかなと真っ先に思い浮かぶ場所。それは金券ショップです。

私の家の近くの金券ショップでは82円切手の1シートが7800円台で売られていました。郵便局で100枚の切手を8200円で買うのであれば、明らかに金券ショップを利用した方が良いと分かります。

シート売りしているお店が多いみたいですが、バラ売りもしてくれるお店も無くはありません。

ただシートでまとめ買いした方が安く購入できる感じがします。金券ショップよりもお得に購入できる可能性があるとすればオークションだと思います。ヤフオクなど覗いてみると切手を出品している方が結構いることに気が付きます。切手を安く手に入れたい他の方々との兼ね合いもあるわけですけど、運が良ければかなりお得に切手を手に入れられるかもしれないのです。

送料を加えたとしても金券ショップより安ければ、入札してみるだけの価値は十分あると考えます。少なくとも額面を上回る額での落札にはならないでしょうし、安く切手を手にいれる手段のひとつとしては一番良いと思います。

切手買取記事X選
  • ネットを利用して切手を安く買う
    切手を買う場合、郵便局に行っても安くで買うことはできません。
  • 切手を売る幾つかの方法
    小さいころに集めた切手のコレクションなどを大切に保管しているものなどがあるかもしれません。